水谷孝次 Koji Mizutani
1951年名古屋市生。1977年日本デザインセンター入社、1983年水谷事務所設立。
ニューヨークアートディレクターズクラブ(N.Y.ADC)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、東京タイポディレクターズクラブ(TDC)所属。
1980年東京ADC賞を皮きりに、JAGDA新人賞、N.Y.ADC国際展・金賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞・特別賞、ブルーノ国際グラフィックデザインビエンナーレ銅賞・特別賞、コロラド国際ポスター招待展最高賞、など国内外のグラフィックデザイン界において数々の賞を受賞。

「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に'99年より「MERRY PROJECT」を開始。
'05年には愛知万博「愛・地球広場」にて「MERRYEXPO」を展開。'08年北京オリンピック開会式に世界中の子どもたちの笑顔を1644枚提供し、その笑顔が傘にプリントされて世界中へ披露された。また、オリンピックの開催に合わせて8月8日より六本木ヒルズにて、世界に笑顔の花を咲かせよう、という笑顔とエコを絡めたコンセプトのもと「Merry Garden!」を展開。 2009年 Merry in Asiaとして中国・四川省、インドネシア・バンダアチェを取材し 「Merry Umbrella Project」を開催。その後国内外で活動を展開する。 2010年5月上海万博に招聘。開会式式典広場で渋谷と同日同時刻に笑顔の傘を展開。2011年からは、国連生物多様性の10年のパートナーシップ事業「MERRY FOREST」がスタート。 日本を中心に笑顔と環境をテーマに活動を行う。
東日本大震災以降は被災地の復興支援プロジェクトとして「MERRY SMILE ACTION」を立ち上げ、 被災地の復興を継続的に支援する活動を展開。 また、10年目の9.11と3.11の半年を機に、NYから世界に向けて「子どもたちの笑顔は未来への希望」というメッセージを発信する「MERRY IN NY 2011」を開催した。 2012年6月国際環境会議「Rio+20」地球サミットに日本代表として参加。本会議場をはじめ、経済産業省JAPANパビリオンやピープルズサミットなど多くの場所で笑顔の傘を展開。世界中のメディアから注目され報道。7月、ロンドン五輪開催中のロンドンで「MERRY LONDON」を実施。東日本復興支援のため、世界中から日本に届けられた想いに「日本はこんなに笑顔です」と伝え、感謝の気持ちを示した。 韓国・麗水万博日本館ファサードでは、東北の子どもたちの笑顔が展開され、BIE賞で日本館が銅賞を受賞。 11月、1年前に大洪水で被災したタイ・アユタヤの子どもたちと東北の子どもたちをつなげる「MERRY IN AYUTAYA」を開催。 あの洪水から一年が経つタイの子どもたちに、東北の子どもたちの笑顔の傘を広げてもらい、タイと東北を笑顔で繋げ、国際文化交流のきっかけを作った。2013年8月MERRY PROJECTとして28カ国目となるミャンマーへ笑顔の取材を実施。2014年4月、福島県の小学生10万人が制作した笑顔のアート皿を巨大な地上絵に展開した「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」(福島県民放4局合同企画)の監修他、様々なプロジェクトを通じて、現在も継続的な復興支援活動を行なっている。
これらの活動に対して第50回・第52回グッドデザイン賞、第14回桑沢デザインオブザイヤー賞、第1回エコ・アート大賞エコ・コミュニケーション賞、第1回キッズデザイン賞、第54回グッドデザイン賞など受賞。
これまで世界30カ国で撮影した40,000人以上の笑顔はウェブサイトから閲覧することができる

→詳細な経歴はこちら
→「人と地球を幸せにするデザイン」

 
Staff
柄本綾子 Ayako Emoto
河野通子 Michiko Kono
金田あさみ Asami Kaneda